医者

目立つシワはボトックス注射で治そう|事前に副作用の症状をチェック

説明を受けることを

カウンセリング

術後の想定を

ボドックス注射は筋肉をストップする機能があり、その機能によってしわを取ることが可能となります。ボトックス注射の施術を受ける際には、副作用のことなどを聞いておく必要があります。顔の筋肉をストップさせることによって、普段の表情が取れなくなって違和感を覚えることもあります。注射を受ける時はアレルギーに注意することも大切です。皮膚のかゆみや発疹などに注意する必要があります。注射をするとボトックス注射に限らず内出血が生じることもあります。内出血は基本的に1週間くらいで引きますので、メイクで上手くごまかすことが重要です。内出血がひどく出ますと、腫れが出ることもありますが腫れも時間がたてば引きます。腫れが出た場合は、冷やすと効果的です。ボトックス注射は安全性が高くて、副作用が出ることはほとんどないとされています。ボトックスは顔にある表情筋を緩めることを意味しています。この治療によって過度の神経物質を抑制してしわを取ることが可能となります。表情筋は顔の表情を司る筋肉となっていて、少しでも注入の場所を間違えますと表情を喪失してしまうこともあります。ボトックス注射をする時は、高度な知識と経験と技術がある医師を選ぶことが重要です。ボトックス注射はふくらはぎなどに打つこともあります。ふくらはぎに打つ時の副作用として筋肉痛や注射部の疼痛なとが起こることもあります。美容目的で首にボトックス注射をすることも多いです。首の皮膚の浅い所に注射しますので首に打ち場合は副作用は特に起こりにくいです。副作用は想定することが大切で、どのように対処するかを最初から決めておくことが大切です。副作用の時の対応方法についても、カウンセリングの時に十分に相談する必要があります。美容外科の技術は変化が激しくて、使用する薬剤や麻酔なども変化していきます。どのような施術をどのようなタイミングで受けるのがベストかを考えることは、とても重要です。進化する技術を上手く活用することはとても大切で、技術によって美容効果をより容易に得ることが可能となります。