医者

目立つシワはボトックス注射で治そう|事前に副作用の症状をチェック

確かな医師選びが不可欠

鏡を見る人

認定医なら安心

目瞼痙攣をはじめ、健康保険でボトックス治療が受けられる場合もありますが、表情じわの抑制など、自由診療の美容整形でもボトックス治療は人気です。ボトックスの有用性は神経の伝わりをブロックすることにあり、筋肉を動かす指令をカットして、筋肉の伸縮を防ぐことで表情じわを抑えます。人為的に筋肉の動きを制御しますから、予定していた以上に筋肉が動かなくなるといった副作用があることも、予め知っておきましょう。ただしボトックスは国からの認可も出ており、基本的にそれほど大きな副作用を懸念しなくても良い製剤です。副作用が出る場合も医師の腕前に由来するケースがあり、注入量の見立てを誤るなど、必要以上に注射したことで発生する場合があります。つまり腕の良い医師に治療してもらうことで、ボトックス治療の副作用は大幅に下げることができるのです。そのため、副作用のない安全な施術を受けるためにも、ボトックス治療を行う時は、熟練ドクターが注射してくれる美容クリニックを選びましょう。そのほか、ボトックス治療で報告されているそれ以外の副作用には、注射した部位で疼痛が発生するともされています。これは末梢神経が受ける刺激によって起こりますから、細い注射針を使って施術してくれるクリニックを選ぶことでも避けられる副作用です。もちろん麻酔をすることでも抑えられるため、痛みが心配な場合は、麻酔に着目してクリニックを探しても良いでしょう。ですがボトックスを注入した部位がいつまでも痛いのは施術者の技能不足も考えられますので、疼痛に関しましても、優れた医師に注射してもらうのが副作用を防ぐ方法です。作用があれば必ず反作用があるのも物理法則の原則ですが、好き好んで副作用を招き入れる必要もありません。そこで、ボトックス治療では施術料金の安さといった目先の魅力で決めるのではなく、医師の力量で治療先選びを判断してください。その際、ボトックスの製造販売メーカーが公式に承認している、施注資格を持つ医師を探すのもおすすめです。一般的にVST認定医とも呼ばれていますが、確かな知識と技術を持つ信頼の資格ですから、副作用を回避する目安として確認しておきましょう。